沖縄のイイもの集めたセレクトショップ
ホーム > 商品詳細

ぱるだま 1kg|金時草 水前寺菜 ハンダマ

この商品の
収穫・発送時期
基本 通年

紫×緑の鮮やか野菜!食べる血液

琉球マルシェの無農薬 ぱるだま

ぱるだまとは、どんな野菜?

ぱるだまとは、宮古島の方言の呼び方で、和名は水前寺菜、金時草といいます。

沖縄本島では『はんだま』と呼ばれ、宮古島では『ぱるだま』です。

葉の表は緑色、葉の裏側が紫色をしている色鮮やかな葉野菜で、生食、加熱どちらでも食べられます。

通年栽培されており、11月~5月頃までが色が綺麗で、夏場は色がかすれます。

味は特に変わりませんが、日差しが強くなりすぎると裏の紫色が薄くなるのです。

ぱるだまの味・食感・特徴

宮古島産はほとんど露地栽培で育成している為、強い日差しを浴びて葉が厚く、ややパリッとした食感です。

味は、生食の場合、ハーブのような爽やかな香りと、ほのかな苦みが特徴です。茎も食べることが出来、包丁を入れたときに抵抗がない部分は、柔らかいので刻んでサラダなどで食べることが出来ます。茎は特にセリのようなハーブ調の香気がします。

美味しいぱるだまの選び方

ぱるだまには、ポリフェノール、鉄分、カルシウム、ビタミンAが多く含まれています。

無農薬だと虫が付きやすいので、よく見てから買いましょう。

葉が厚くパリッとしているものは長持ちするので、そこを基準に選ぶと良いです。

また、茎をカットした部分が、乾燥して古くなっているものは避けましょう。(切りたてでも多少の黒ずみはありますが、なるべくみずみずしいものが新鮮です)

ぱるだまの保存方法

 ・乾燥したり、過度な水分が付いていると早くしなびてしまう為、軽く湿らせた新聞紙に包んでビニール袋に入れ、冷蔵保存。

 ・おおよそ1~2週間保存可能。


ぱるだまの美味しい食べ方と、主な調理方法

生でサラダに加えたり、生春巻のシソの代わりに使うと美味しいです。

加熱した場合、ほんの少しぬめりが出ます。スープや味噌汁に火を止めてから加えたり、炒めものの最後に加えたり、サッと湯がいてお浸しも美味しいです。

和食系とイタリアン系の味付けに合います。

★ぱるだまのレシピが含まれる料理研究家室谷真由美さんのブログ

・ブログ記事1

・ブログ記事2

ぱるだまの生春巻

ぱるだまのお浸し(汁ごと頂くと栄養アップ)

ぱるだまとキヌアのサラダ

ぱるだまとカブのお味噌汁


お客様の感想

まだありません

関連商品